CONCEPT

阿蘇健康農園のこだわり

最先端のヨーロッパ式農業技術

自然豊かな南阿蘇村で最先端のヨーロッパ式農業技術を取り入れ、 安全・安心で美味しい野菜を栽培しています。

標高550mの阿蘇山の麓にて、8,200㎡のヨーロッパ型のフェンローハウスと養液栽培システムを導入し、高品質の野菜を安定供給しています。
阿蘇の冷涼な気候を活かし、ミネラル豊富な地下水にて育てているため、美味しい野菜ができます。

CONCEPT.01

農業先進国の技術を導入

寒冷地の阿蘇は露地栽培だと冬の収穫が難しいと考え、阿蘇と似た環境をもつ農業先進国のオランダ、ノルウェー、デンマーク、ベルギーなどを視察。
コンピューター制御により温度や湿度をコントロールできるヨーロッパ式の温室ハウスを採用しています。
ハウス施設内は、植物がストレスを受けずに健全に育つために、温度や湿度、二酸化炭素などをコンピューターにより環境制御を行っています。

CONCEPT.02

IPMにより化学農薬を低減

基本的に化学農薬を使用しないため、チリカブリダニやコレマンアブラバチなど天敵昆虫を放飼したり、微生物農薬を用いて病害虫の防除を行っています。
IPMを取り入れることにより、化学農薬の低減や継続的に農作物の安定供給が可能な農業生産方式を追究してきました。

※IPM=Integrated Pest Management (総合的病害虫管理)

INFORMATION

FTR00058

阿蘇バジルペースト&パスタセットのご紹介です

10月に入りぐっと気温が下がり、南阿蘇の最低気温は10℃。 どんどん冬に向かっています。 あっという間にカレン…

conS01_02

ホームページができました!

待望のホームページをついに持つことができました! これから、阿蘇健康農園の様々な情報をお届け致します! よろし…